looopでんきは悪評が多い?弱点だらけで解約続出?口コミは?

looopでんき

Looopでんきは、メガソーラー(太陽光発電)や風力発電、水力発電などの自然エネルギーによる発電によって生まれた電力などを提供する電力会社です。
2020年3月に低圧契約件数が20万件を突破しました。

Looopでんきは基本料金が0円、使った分だけ請求されるという分かりやすい料金体系となっており、都市ガスや太陽光発電などと併用することで更に安くなります。
解約手数料やシバリなどもなく、いつでも自由に解約することができるので安心です。

沖縄電力エリアを除く全国で利用できるLooopでんきですが、悪評や弱点があるという口コミが見つかりました。
安心して使い続けることができるのでしょうか?



looopでんきは使用電力量が多い世帯ほど割安

looopでんき 40A

looopでんきは、基本料金0円、地域によって単価は異なりますが、使用した分だけ支払う従量制となっています。

このため、まったく電気を使わなかった場合は請求額は0円です。

なお、契約アンペア数・最大需要容量が低いと、looopでんきの従量料金は、他の電力会社と比べて割高に感じられます。

一人暮らしの人が契約している20A・月170kWhの場合には割高になる一方、一戸建てやマンションなどで契約することが多い30A・月348kWh以上の場合には割安になるケースが多いです。

オール電化向けの料金プランに加入している場合は、looopでんきに切り替えると、電気代が大幅に高くなるおそれがあります。

個々のケースにおいては、looopでんきのホームページでシミュレーションができるため、あなたが現在契約している電力会社の請求書を用意してチェックしてみるといいでしょう。

>>looopでんきのホームページで電気料金をシミュレーションする

looopでんきでは、アンペア数による管理を行っていません。
消費電力が増えすぎることでブレーカーが落ちる心配は少なくなります。

都市ガス・太陽光発電・蓄電池との併用で割引

looopでんきでは、さまざまな割引を用意しており、1kWhあたり最大5.4円安くなります。
ソーラー割・ソーラー割Lはどちらかの適用となりますが、それ以外の割引は重複して受けられます。

ガス割

東京ガスの「東京地区等エリア」(日立市を除く)で、looopガスに切り替えると、電気料金が1kWhあたり0.4円割引となります。

looopガスも一人暮らしの少量利用の場合は割高ですが、二人以上で使う場合などは割安になる料金体系となっています。

ソーラー割

住宅用太陽光発電システムを所有しており、looopでんきに売電することで1kWhあたり1円割引となります。

FIT(固定価格買取制度)での買取は通常通りに行われますし、卒FIT対策の一つとして活用することも可能です。

ソーラー割L

looopでんきから住宅用太陽光発電システム「LooopSolar」を導入した場合、looopでんきに売電することを条件に、1kWhあたり2円割引となります。

LooopSolarは、10年間の発電量連動型リースで負担額は少なくなり、10年後に無料で譲渡されます。

でんち割

太陽光発電向け「looop電池」(蓄電池)を導入することで、1kWhあたり3円割引となります。

自社開発のAI機能により、電気の売買電を最適化するため、電気代は既存の電力会社と比べて最大32%OFFになります。

looopでんきで提供する電力は全て自然エネルギーではない

looopでんき 自然エネルギー

looopでんきで提供している電力は、自社管理のメガソーラーや風力、水力などの自然エネルギーが26%、その他が74%という構成です。
その他でまとめられている部分の構成が不明ですが、100%全てが自然エネルギーというわけではないと思われます。

なお、二酸化炭素排出係数(2018年度実績)によると、looopでんきの二酸化炭素排出量は349g/1kWhと、他社と比べても少なめなため、クリーンな電力を利用したい人に効果的です。



looopでんきの口コミや評判は?

次に、looopでんきを契約している人たちの口コミや評判などをまとめました。

元の電力会社で実際に加入していたプランが選択肢にないため、正確な比較が出来ない。
本当に安くなっているか甚だ疑問。

使用量が少ないと料金の逆転現象が頻発し、「節電すると損をする」みたいなことになっているのも問題。
使用量が少ないと割高になることがあります、と書いてはあったが。
引用元:エネチェンジ

Looopでんきの場合は、電気料金の支払い方法として選べるのはクレジットカードのみです。
大手電力会社では、クレジットカード、口座振替、支払い票の3つの選択肢がありましたが、Looopでんきの場合は口座振替等は選べません。
絶対に「口座振替」でしか電気料金は払いたくないという人がいれば、このはLooopでんきの大きなデメリットになるかもしれません。
引用元:セレクトラ

2016年の3月下旬頃、私がLooopでんきのコールセンターに電話を掛けたところ、混雑のため10分以上待っても電話が繋がりませんでした。
以前の顧客対応は悪かったと言わざるを得ません。

しかし、1年経った2017年3月上旬(平日のお昼11時頃)に改めて電話を掛けたところ、電話はすぐ繋がり、丁寧に回答して頂きました。

また、2017年4月中旬に私自身がLooopと契約するためにメールのやり取りを3往復ほど行いましたが、いずれもその日のうちに返信がありました。
同じ料金水準の小さな会社だと、翌日や翌々日以降に返信が来ることが多いので、この対応には満足です。

なので、現在は顧客対応については問題は無いと言えます。

問い合わせも電話がフリーダイヤルで、年中無休(9~20時)という点でも便利です。
引用元:新電力比較サイト

>>looopでんきの詳細はこちら

タイトルとURLをコピーしました