firstship(ファーストシップ)ヨガインストラクタースクールは最悪?料金は高い?

firstship ファーストシップ ヨガインストラクタースクール

2020年3月時点で全国に5箇所ある「firstship」(ファーストシップ)ヨガインストラクタースクールは、すでに11,000名以上の卒業生を輩出しています。

ファーストシップの講師やインストラクターは、全員、全米ヨガアライアンス認定資格を保有しています。
ヨガの知識や技術は当然として、ヨガに役立つ解剖学や運動機能学、ヨガの哲学やインドの伝統医学であるアーユルヴェーダなどに対し、幅広い知識や経験、スキルを持ち合わせている講師陣が指導します。

ファーストシップで所定のカリキュラムを修了することにより、全米ヨガアライアンスの認定資格である「RYT200」「RYT500」を取得できます。

しかし、口コミを見ているとファーストシップは最悪などといった悪い評判も見つかりました。
料金が高すぎると言った苦情もありましたが、それだけの費用を支払うメリットはあるのでしょうか?

FIRSTSHIP

firstship(ファーストシップ)ヨガインストラクタースクールはさまざまなコースから選べる

firstship ファーストシップ ヨガインストラクタースクール コース

ファーストシップヨガインストラクタースクールでは、あなたの目的や時間にあわせた4種類のコースを用意しています。

  • 国内通学(単位制)
  • 国内通学(固定性通学)
  • 国内通学(短期集中)
  • 海外留学

全ての授業が予約制のため、受講生向けのWebサイト(マイページ)から事前予約が必要です。

短期集中コースを選べば、朝から晩まで通うことで、約1ヶ月でコースを修了することができます。
単位制であれば、8ヶ月から1年程度で終えられます。

ファーストシップで全米ヨガアライアンスの認定資格「RYT200、RYT500」を取得できるため、卒業後にインストラクターとして働く場合にも役立ちます。

ファーストシップでは、合格率するまでサポートを行う「ヨガインストラクター合格保証制度」があるので安心です。

一部のコースでは、追加料金不要で、すべての授業を何度でも繰り返して受講できます。
十分に理解できなかった場合などに再受講すると効果的です。

料金

すべて税込です。

RYT200 国内単位制通学トレーニング:627,000円~657,000円(早割は449,000円~557,000円)
RYT200 国内固定制通学トレーニング:454,000円(早割は434,000円)
RYT200 国内短期集中トレーニング:505,000円(早割は455,000円)

RYT500トレーニングはレッスンごとに受講料が必要となります。
早割はありません。

firstship(ファーストシップ)ヨガインストラクタースクールの講師陣は有資格者ばかり

firstship ファーストシップ 講師

ファーストシップヨガインストラクタースクールの講師やインストラクターは、全員、全米ヨガアライアンス認定資格を取得しています。

ヨガの知識や技術だけでなく、ヨガに役立つ解剖学や運動機能学、ヨガの哲学やインドの伝統医学であるアーユルヴェーダなどに、幅広い知識や経験、スキルを持ち合わせています。

また、経験豊富なカウンセラーが、あなたに最適なプログラムをアドバイスします。
インストラクターになるためのベストな選択肢をあなたと一緒に考えてくれます。

firstship(ファーストシップ)ヨガインストラクタースクールの卒業生は就職・転職に有利

firstship ファーストシップ ヨガインストラクタースクール 就職 転職

ファーストシップヨガインストラクタースクールの卒業生は、インストラクターとして多数活躍しています。
2018年実績で卒業生の95.2%が、専業・副業として、ヨガに関する仕事に取り組んでいます。

ファーストシップと提携するヨガスタジオやその他の健康施設、スポーツ施設などへの紹介はもちろんのこと、グループ会社である「ヨガスタジオLAVA」への応募に関しては書類選考免除などの特典が用意されています。

求人状況は時期によって異なるため、誰もがスムーズに採用されるわけではありません。

ファーストシップでは、卒業後もスタジオを無料開放しており、気軽に利用できます。
インストラクターとして指導するにあたっての練習をしたり、模擬レッスンで経験を積む場として活用できます。

FIRSTSHIP

firstship(ファーストシップ)ヨガインストラクタースクールの口コミや評判は?

次に、ファーストシップヨガインストラクタースクールを受講した人たちの口コミや評判などをまとめました。

私は、横浜校に通ってましたが、外部の男性インストラクターといい歳をした生徒が出来てるみたいですごく不快でした。
学校周辺で合間にコソコソとデートしていたり。
恋愛は自由ですが一生懸命、工面してお金払って通っているので、もう少し、見えないように配慮してほしいと思いました。

生徒の方は卒業後、ラバのインストラクターをしてるみたいでもう居ないですが。
プロとしての自覚をお互い持ってほしいものです。
引用元:ヨガ、ピラティスの口コミ広場

ファーストシップは、表舞台に出てくる先生はそれほど多くない印象です。

しかし物足りなさを感じるかというと全くそんなことはなく、講義の質はとても高いので安心してください。
Firstshipの先生たちのヨガに向き合う姿勢、仕事に向き合う背中から学ぶことはとても大きくて、今の自分の礎にもなっています。

Firstshipでは「在籍期限が迫っていて、もう卒業できないと思っていた」なんて語る生徒もいます。
スクールに通う方の大半は20代後半〜30代くらいの女性なので、結婚や子育ての時期と重なると一年半という時間はちょっと短いのかもしれません。
引用元:nozomi yoga

全米ヨガアライアンス RYT200 修了。
約半年間、firstshipに通いながらアーサナや歴史や哲学、解剖学、アーユルヴェーダ、などたくさんのことを学びました。

ヨガとは何かを知り、身体のメンテナンスの方法はもちろん、自身の内面にも目を向けながら特別な時間を過ごすことが出来ました。
ここで得た新しい出会いは今後も大切にしていきたいです。

この先は「ヨガを伝える」ということにもチャレンジしていきたいと考えてます。
何事にも全力で頑張る!が、今までのわたしのモットーだったけど、たまには頑張りすぎないわたしでもいよう。
引用元:インスタグラム

いざ養成スクールを卒業しても就職先がないことは珍しくないでしょう。
しかしfirstshipは、ヨガインストラクターになりあらゆる現場で活躍する卒業生の様子を公式サイトを通して発信してくれます。
これはヨガインストラクターとしての宣伝にもなり、知識や技術を備えている証明にもなることです。

また、卒業後ふとこれまで習った内容を振り返って不安になることもあるでしょう。
そのような場合、全てのトレーニング・クラスが10%引きで参加できたこともありがたかったです。
引用元:おすすめのヨガインストラクター資格スクール

卒業までティーチング以外の全授業を繰り返し受講できるところが、他のスクールになく、大変良い点だと思います。
新宿校、横浜校、大宮校でそれぞれ力のある先生に教えてもらえる体制が整っているので、各校に通えば3倍の学びが得られます。
おかげ様でアサナが大分上達し、ヨガを深く学ぶことができたように感じます。
あと、どの校舎も駅から徒歩3分以内にあるので、かなり通いやすいと思います。
引用元:Facebook

>>firstship(ファーストシップ)ヨガインストラクタースクールの詳細はこちら

タイトルとURLをコピーしました