葬儀挨拶代筆店に喪主挨拶や弔辞などを任せて安心?口コミや評判は?

葬儀挨拶代筆店

以前は、葬式というと、お通夜に葬儀、告別式に、火葬、精進落としと数日かけて行うことが一般的でしたが、現在では1日葬が増えていますし、直葬も少なくありません。
このため、喪主が挨拶をする機会そのものが減っていますし、葬儀業者の司会が喪主挨拶などを代行することも珍しくありません。

しかし、喪主または親族代表としての挨拶を求められ、急な話のため、どのようなスピーチをすればいいのか分からずに困っているのではないでしょうか?
葬儀の準備だけでも大変な鬼、スピーチの文章を考えている暇がないというのが本音かもしれません。

葬儀挨拶代筆店は、このような至急対応が求められる際に、あなたに代わって心に残るお葬式のあいさつ文を作成してくれるサービスです。
葬儀挨拶代筆店の利用者は、2019年末で累計2,000件を超えています。

葬儀挨拶代筆店に申し込むと、事前に用意されたアンケートを提出するだけで、最短24時間以内にプロのスピーチライターが作成した挨拶文を納品してくれます。
ある程度の基本的な構成や流れ、マナーをふまえて作成されているため、知らないうちにタブーを犯すこともないために安心です。



葬儀挨拶代筆店で作成する文章

葬儀挨拶代筆店で作成する文章の原稿は800文字~1,000字程度が目安です。
挨拶の長さにして、約3分程度の内容となります。

葬儀挨拶代筆店では、故人とのエピソードがなくても代筆自体は受け付けてくれますが、一般的な内容となるためにインパクトは薄めです。

文章を作成する前にアンケートやヒアリングが行われますので、その際に思いつく限りのエピソードを情報提供したほうがいいでしょう。
「最期の様子」「故人の人柄」「故人との思い出エピソード」などをもとに、プロのライターが、参列者の心に残る感動的な挨拶を作成してくれます。

葬儀挨拶代筆店から納品された原稿の修正は、何度でも行ってもらえます。

葬儀挨拶代筆店の費用

葬儀挨拶代筆店では、納期とコースによって費用が異なります。

納期添削のみ作成代行
24時間以内18,000円22,000円
3日後12,000円16,000円
7日後9,000円13,000円

(全て税別)

納期は、代金を支払ってからの日時となります。

「添削コース」では、あなたが作成したスピーチ文章の原稿を、スピーチの順序や流れ、言い間違い、忌み言葉、敬語などに問題がないか、プロのライターが確認します。
原稿がない場合は、すべて「通常コース」となります。

オプション

電話聞き取り取材:8,000円(メールやWebでのやり取りが苦手な人向け)
式辞用紙に印刷:6,000円(最短納期+3日)
手書きで代筆:別途見積もり(最短納期+6日)



葬儀挨拶代筆店の口コミや評判は?

次に、葬儀挨拶代筆店を利用した人たちの口コミや評判などをまとめました。

父の葬儀で参列者も多く、事務的な手続きと、精神的な負担からとても喪主のあいさつを書ける状況じゃなかった。
妻が見かねて、私から母のエピソードを聞き出して、喪主あいさつを代筆発注しておいてくれて本当に助かった。
引用元:ままじかん

事前の細かいヒアリングで、祖父の人柄や、子供たちとのエピソードがありありと想像できる文面だった。
作文が不得意なので依頼して本当に良かったと思っている。
とてもいい挨拶だったと親戚・参列者にも評判だった。
引用元:ままじかん

>>葬儀挨拶代筆店の詳細はこちら

タイトルとURLをコピーしました