カナガンキャットフードは腎臓に危険?口コミや評判はイマイチ?

カナガンキャットフード

カナガンキャットフードは、グレインフリーでヒューマングレードの食材を厳選したプレミアムキャットフードです。

カナガンキャットフードは、平飼いの鶏をまるごと使用するだけでなく、さつまいもなどの野菜類、海藻類などを配合しており、動物性タンパクが70%、植物成分が30%と栄養バランスが考えられた配合となっています。

なお、カナガンキャットフードは全猫種、オールライフステージ対応ですが、療養食ではないため、腎臓などが弱っている猫に与えるのは危険です。
事前に獣医師に相談した上で、カナガンキャットフードに与えるかどうかを決めたほうがいいでしょう。

カナガンキャットフードはグレインフリー/オールステージ対応

カナガンキャットフード グレインフリー オールステージ対応

カナガンキャットフードは新鮮なイギリス産平飼いチキンを60%以上使用し、動物性たんぱく質は全体の70%と豊富です。

残りの30%は植物成分ですが、猫にとっては負担が大きく、アレルゲンにもなりやすい穀物を一切使用していない「グレインフリー」を実現しています。

カナガンキャットフードは植物成分として、サツマイモや海藻、マリーゴールドやクランベリー、カモミールなどのハーブを配合しており、タウリンもしっかりと補給できます。

カナガンキャットフードで使用している食材は、全て人間も食べられる「ヒューマングレード」です。
なお、ミネラル類・ビタミン類はペットフード用に生産されたものを使用しています。

また、カナガンキャットフードは、子猫でも食べやすい大きさで、全猫種、オールステージ対応のキャットフードです。

原材料

乾燥チキン、骨抜きチキン生肉、サツマイモ、ジャガイモ、チキンオイル、乾燥全卵、チキングレイビー、サーモンオイル、ミネラル類(硫酸亜鉛一水和物、硫酸第一鉄水和物、硫酸マンガン一水和物、硫酸銅(II)五水和物、亜セレン酸ナトリウム)、ビタミン類(A、D、E)、アルファルファ、クランベリー、タウリン、マンナンオリゴ糖、フラクトオリゴ糖、リンゴ、ニンジン、ホウレンソウ、海藻、カモミール、セイヨウハッカ、マリーゴールド、アニスの実、コロハ

栄養成分表示

粗タンパク質:37.00%
脂質:20.00%
粗繊維:1.50%
粗灰分:8.50%
水分:7.00%
オメガ6脂肪酸:2.99%
オメガ3脂肪酸:0.82%
リン:1.40%
マグネシウム:0.09%
ナトリウム:0.80%
カルシウム:1.58%
カリウム:0.70%
エネルギー:約390kcal(100gあたり)

無添加

カナガンキャットフードは、以下の原材料・成分を使用していません。

  • グレイン(小麦などの穀物)
  • 乳製品
  • 香料
  • 着色料
  • 遺伝子組み換え食材
  • 成長ホルモン

カナガンキャットフードは療養食には不向き

カナガンキャットフードに関して、以下の口コミを見つけました。

知人が慢性腎不全の猫にカナガンキャットフードを注文しようとしていました。
慢性腎不全の猫にカナガンキャットフードを食べさせたら良くなったなどのブログを見て、自分の猫にも食べさせようと思ったようです。

高蛋白でリンやナトリウムなどミネラル値が高いから、悪化するから食べさせちゃダメと説得しましたが迷っている感じだったので、直接カナガンに電話をかけ質問しました。

『慢性腎不全の猫に御社のキャットフードを与えても大丈夫ですか?』と聞くと『慢性腎不全なら私どものフードは合わないから食べさせない方がいいですよ』と返事。
とりあえず知人にも納得してもらいました。
引用元:Yahoo!知恵袋

また、カナガンキャットフード販売元の「よくあるご質問」でも、以下のように療養食としては不向きと警告しています。

当店のフードは療法食ではございません。
特定の病気用に栄養素を調整したものではありませんので、疾患を持つネコちゃんには、必ず獣医師からの専門的なアドバイスに従って与えてください。
まずは原材料と成分を参考に、獣医師にご相談いただくことをおすすめします。

このため、通院先の獣医師に確認した上で、推奨してもらったキャットフードなどを食べさせたほうがいいでしょう。

もちろん、カナガンキャットフードはオールステージ対応のため、健康体の猫であれば、体重に合わせた量を与えても問題ありません。

タンパク質やカルシウム、リンなど、子猫が必要な栄養素を十分に含んでいますし、サーモンオイルに含まれるオメガ3脂肪酸が高齢猫に役立ちます。

カナガンキャットフードの口コミや評判は?

次に、カナガンキャットフードを飼い猫に食べさせている人たちの口コミや評判などをまとめました。

原因は不明ですが、うちの猫はこれを食べて吐きまくりました。
内容が合わないのか、粒が大きいのかどちらかと思いますが。
引用元:amazon

実のところ、残念ながらカナガンをおすすめしているキャットフード紹介サイトの中には、信用に値しないステマサイトが多く存在しているのが現状です。
しかし一方で、「この現状を変えたい」という強い思いを持つ本物の愛猫家が運営するサイトも存在することも事実です。

第一に、どうしても誤解してはいけないのは【ステマサイトで紹介されている=悪いキャットフード】ではないということ。

「カナガンは悪いキャットフードなのにステマに騙されるな!」ということを書いているサイトも見受けられますが、これは事実ではありません。
知識のある飼い主さんが見ればすぐにわかることですが、カナガンはベストな栄養バランスを考え良質な材料のみを使用して作られている、本当に優れたキャットフードです。

原材料や成分などをイチから徹底的に細かく調査し、不明点は公式サイトで問い合わせ、実際に愛猫たちにも食べてもらった当サイトとしても、心からおすすめしたいと思えるキャットフードです。
引用元:ねこの読みもの

初めて開封したときに個人的に感じたことは「くさいなぁ」といったかなり強めのニオイにです。
ニオイの臭さに関しては、タンパク源の含有量が多いキャットフード特有のツーンとした感じです。
とはいっても人間側の感想なので、猫にとっての嗜好性は高いのかな?と思い食べ与えてみると予想以上に食いつきがよかったですw
ですから少し臭いと感じるかもしれませんが、このニオイは猫にとっては食欲をそそるような匂いということが分かりました。
引用元:【危険?】モグニャンキャットフードを愛猫に試してみた私の口コミ!

うちの子は粒が小さいとかまずに飲み込みがちだから、粒がしっかりかめるくらいの大きさなのはすごくいい!
ゆっくり食事して欲しいし、カリカリ音がするのは良いことだわ。

それだけじゃなく、カナガンは肉食を好む猫ちゃんにとって、とてもよい栄養分がたっぷりはいっているので、噛む力が弱い子などは、砕いたりぬるま湯でふやかしてからあげてもよさそうだね。
他にもカナガンについて悩みがでたら、ホリスティックケアカウンセラーさんという強い味方もいるから、安心だね!
引用元:mofoo

高タンパクフードでこれだけコスパが良いのは嬉しいですが、シニア猫や腎臓病の猫は避けたほうがいいですね。

タンパク質は猫にとって大切なエネルギー源となる成分ですが、使用された後は血液中に老廃物として残ります。
老廃物を排出するには腎臓でろ過を行い、必要な栄養素と不要な物質をしっかりと選別していかなくてはいけません。
高タンパクフードが腎臓病の猫に良くないといわれるのは、腎臓への負担が大きい&老廃物が体内に溜まりやすいから。

老化や病気によって弱った腎臓に負担をかけないようにするためには、いかに老廃物を少なくできるかが大事なポイントです。
引用元:キャットフードの手帖

カナガンキャットフードの価格は?

カナガンキャットフードは、1袋1.5kg入3,960円(税別、送料別)で販売しています。

定期購入にすると、1袋あたり初回1,980円、2回目以降は10%OFFの3,564円(いずれも税別、送料別)とオトクに続けられます。

定期購入

定期購入に限り、1回あたりの購入袋数を増やすことにより、割引率が最大20%OFFまでアップします。

また、1回あたりの購入金額が10,000円を超えれば、送料無料となります。

>>カナガンキャットフードの詳細はこちら

タイトルとURLをコピーしました