シェアドアパートメントで良質物件に住める?シェアハウスとの違いは?

クロスハウス シェアドアパートメント

クロスハウスが運営する「シェアドアパートメント」は、東京都内で月3万円台から、敷金・礼金無料で鍵付き個室(ドミトリー形式もあり)の賃貸物件を、1ヶ月から借りることができます。

人気の高い山手線の西側を中心に300以上の物件、合計3,500室以上を確保しており、いずれも新築・築浅です。
保証人が不要なため、短期間で入居したい場合に役立ちますし、住民票を置くこともできます。

シェアドアパートメントは一般的なシェアハウスとは異なり、共用部分は水回りのみで、プライベート空間が確保された完全個室です。
家具や電化製品が個室内に設置されているため、最低限、衣類を持参するだけで入居できます。

また、入居後1年以内であれば、シェアドアパートメントの別の空き物件に無料で移動可能です。
勤務先の変更や、入居者間のトラブル、気分転換で引っ越ししたい場合などにも役立ちます。



シェアドアパートメントは都内を中心とした好立地に3,500室以上を用意

シェアドアパートメント エリア

首都圏で家賃の安い物件が多いエリアというと、23区の北部・東側のエリアや千葉県、埼玉県といったイメージではないでしょうか。
治安は良くないし、ゴミゴミとした町並みで、なんとなく暮らしにくいと感じるかもしれません。

しかし、シェアドアパートメントは、人気の高い京浜・東横エリアを中心に、都心部20分圏内の好立地に300物件以上、合計3,500室以上を用意しています。

いずれも新築・築浅の物件ばかりで、初期費用3万円、家賃は3万円から、共益費1万円(水道代・光熱費込)と安めです。

保証人・敷金・礼金は不要/住民票が置ける

シェアドアパートメントを借りる際に、連帯保証人・保証人は一切不要です。
実家などの緊急時の連絡先だけを知らせれば十分です。

賃貸保証会社にお金を払って依頼する必要もありませんし、入居時の敷金・礼金なども不要なため、お金をかけずに入居できます。
もちろん、更新料もありません。

シェアドアパートメントの各物件は住民票を置けるため、それぞれの自治体による公的サービスを受けることができます。

無料で別の物件に移動できる

物件移動 無料

シェアドアパートメントは、1年以内に再入居する場合に限り、初期費用が無料になります。

勤務先が変わったので、今よりも近い場所にある物件に移動したいとか、住民間のトラブルが面倒、気分転換に引っ越したいなど、理由は一切問いません。

シェアドアパートメントの共用部分は水回りのみ

シェアドアパートメント 共用部分

さまざまな形態のシェアハウスがありますが、シェアドアパートメントでは、共用部分は玄関と廊下、水回り程度と最小限です。

それぞれの個室は施錠可能のため、プライベート空間を確保できます。

また、オートロックのアパート・マンションと同じように、玄関のインターフォンから各部屋に呼び出しができるため、宅配便の受け取りなどの際にも、他の人の手を煩わせる必要はありません。

共用部の清掃はシェアドアパートメント提携の清掃業者が定期的に行います。
設備のメンテナンスもシェアドアパートメントにて行うため、家電の故障や窓、鍵などの居住中の不具合対応もおまかせできます。

シェアドアパートメントは備品が充実

シェアドアパートメント 備品

シェアドアパートメントは、室内に常備されている備品や消耗品が充実しています。

それぞれの個室には、テレビ・冷蔵庫・ベッド・机・椅子・収納が常備されています。
寝具はあなたが使用しているものを持ち込むか、レンタル(布団セット・マットレスそれぞれ月1,000円)も可能です。

また、Wi-fiは24時間使い放題、調理器具や調味料、洗剤やトイレットペーパー、ゴミ袋などの備品も無料で使えます。



シェアドアパートメントの口コミや評判は?

次に、クロスハウスのシェアドアパートメントを利用している人たちの口コミや評判などをまとめました。

給料が20万円で、その中から家賃と生活費を10万くらいに抑えています。
クロスハウス(シェアハウス)の家賃が4万円で、ちゃんと自炊していれば10万くらいで収まるから、残りの10万円は貯金ができました!

入居したばかりの時はみんな上京してきた子が多くて、みんなでスーパーや安い八百屋を探していました。
色々なお店の情報交換をしました。
そうしていると楽しくなってきて、それで生活費をかけずに生活できるようになったんです。

人によるかもしれないけど、荷物は厳選したほうがお金は貯まると思うし、クロスハウス(シェアハウス)ハマったら絶対お金が貯まります!
最初はちょっと寝るだけのつもりでクロスハウスに来ましたが、今は居心地が良すぎて他のところに行きたくないですね。
クロスハウスには東京で好きな仕事したい!って思う人にいいですよね。
引用元:いえらぶ

シェアハウスはシャワーやトイレが共有のため、使いたい時にすぐ使えるとは限りません。
会社や学校がある時にギリギリに起きてしまうと、それらで待たされて遅刻してしまうかもしれません。
シャワーやトイレなどに時間がかかっても良いように、時間には余裕を持って行動することが重要です。
引用元:SHIROMAG

人見知りでしたが、人の入れ替わりも多いので、馴染むことができ、窮屈な感じはしなかったです。
引用元:【入居者続出】「都内で安く住む」を叶えるワンルーム型シェアハウス

わたしがクロスハウスを選んだのは、入居者さんもスタッフさんもいい人が多くて、すごい気立てが良くて、接しやすかったので選びました。
もしも勧めるなら、色んな友達を作って、楽しい人生を送りたいような人にクロスハウスが一番合っていると思うし、この後の生活でも役立つ事が多いと思うので、ぜひたくさんの友達を作りたい人にクロスハウスを勧めたいと思います。

はじめシェアハウスは、いろんな番組でもやっているように、共同生活だけが“シェアハウス”みたいなイメージだったんですけど、クロスハウスは自分の時間もしっかり取れて、一緒にみんなと遊びたいときは、リビングとかに集まって、ご飯を食べたり、遊んだり出来るのがとてもよかったので、今までのシェアハウスのイメージが、クロスハウスでちょっと変わったような気がします。
引用元:アマヨク

シェアドアパートメントの申し込みはWebで完結

シェアドアパートメント 利用の流れ

シェアドアパートメントは、問い合わせから内覧予約、契約から解約まで、すべてWEBで完結できます。

内覧はあなた自身が物件に足を運ぶ必要がありますが、それ以外はWebでのやり取りとなるため、遠方に住んでいる人でも手続きが行えます。

なお、シェアドアパートメントでは、シェアハウスは18歳~39歳まで、家具付きアパートメントは18歳~49歳の人しか入居できません。
入居者は20代が多いですが、単身赴任などで利用する会社員も増えています。

>>シェアドアパートメントの詳細/問い合わせはこちら

タイトルとURLをコピーしました