まかせて!BOCCOに子供の留守番を任せられる?子育て支援はどう?

まかせて!BOCCO

家庭用のコミュニケーションロボット「BOCCO(ボッコ)」を製造・販売するユカイ工学が、東京ガスと共同で取り組んでいるのが、子育て応援サービス「まかせて!BOCCO」です。

玄関にセンサーをつけることで、お子さんの帰宅がリアルタイムで分かりますし、BOCCOを経由したメッセージのやり取りも可能です。

その他にも、「まかせて!BOCCO」では、世界の童話などをBOCCOが読み聞かせたり、朝の「おはようメッセージ」や夜の「おやすみメッセージ」など、お子さんの生活リズムを整えるサポートも行います。

「まかせて!BOCCO」は東京ガスの都市ガスサービスとは全く関係ないため、全国どこからでも契約できます。
東京ガスのサービスエリア外の人や、サービスエリアでも他のガス会社を使っている場合は、東京ガスからのお知らせをOFFにすれば全く気になりません。



「まかせて!BOCCO」で子供の留守番をサポート

まかせて!BOCCO 留守番 サポート

親が働いている時間帯にお子さんを預ける場所としては、未就学児を対象とした保育園・こども園や、小学生向けに学童保育がありますが、満員で入所することができなかったり、金銭的な問題などで自宅で留守番をさせないといけない場合もあるでしょう。

親が帰ってくるまでは、自宅でお子さんが一人ぼっちになるため、なにかトラブルに巻き込まれていないかどうか、自宅などで過ごせているかどうかなど、なにかと不安に感じることが多いと思います。

まかせて!BOCCOは、一人で自宅にいる、お子さんを支援するために、以下のサービスを提供しています。

親が所有するスマホに帰宅通知(玄関などに設置したセンサー連動)

帰宅通知 スマホ

玄関のドアなどにセンサーを設置しておくことで、ドアの開閉を「まかせて!BOCCO」に連動するスマートフォンのアプリに通知します。

BOCCOを介したメッセージのやり取り

BOCCO メッセージ

スマホアプリからメッセージを吹き込むと、BOCCOにメッセージを保管しておくことができます。

また、お子さんがBOCCOにメッセージを登録すると、スマホアプリの方に通知されます。

電話のようにリアルタイムでのやり取りはできませんが、SNSに近い感覚でコミュニケーションができます。

オーディオブックを用いた読み聞かせ

オーディオブック 読み聞かせ

BOCCOがオーディオブックなどの読み聞かせコンテンツを読み聞かせることで、お子さんは寂しい思いをせずに留守番ができます。

BOCCOが話す「読み聞かせコンテンツ」は定期的に内容が入れ替わるため、飽きることがありません。

生活リズムサポート(就寝・起床)

生活リズム 就寝 起床

あらかじめ設定した就寝時間・起床時間に、BOCCOが毎日異なる内容の「おはようメッセージ」「おやすみメッセージ」を行います。

これらのメッセージによって、夜ふかしや寝坊を防ぐことにより、生活リズムを一定に保つためのサポートを行います。

これらの配信メッセージは、東京家政大学と東京ガスの共同研究にて作成したものを使用しています。
小学校低学年とその前後の年代の子供を対象としたメッセージが用意されています。

まかせて!BOCCOの費用

「まかせて!BOCCO」は、「子育て応援コンテンツ」(「生活リズムサポート」と「今日のおはなし」の朗読)の購入を前提としています。

「子育て応援コンテンツ」は毎月480円(税別)が必要となり、1年ごとの契約となります。
更新月以外に解約した場合は、解約手数料として4,000円が必要です。

初回のみ、送料・手数料として1,500円(税別)が別途必要になります。

なお、BOCCOを所有していない場合は、「まかせて!BOCCO」を新規契約することで、BOCCO本体が29,000円から17,400円(いずれも税別)に割り引かれる特別値引きが受けられれます。

支払い方法はクレジットカードのみとなります。



まかせて!BOCCOの口コミや評判は?

次に、「まかせて!BOCCO」を利用している人たちの口コミや評判などをまとめました。

かわいい小さなロボットに子どもたちも喜んでます。
BOCCOちゃんを使って留守番している子どもたちにメッセージを送受信できます。
こども携帯もありますがいろんな場所に放置するのでメールを気づかない時もあり。
BOCCOちゃんが音声で伝えてくれるのですぐにメッセージに気づいて安心でした。

絵本の読み聞かせ機能は劇団風?で本格的に読み聞かせしてくれるので子どもたちも楽しんでました。
引用元:インスタグラム

「わっ!かわいいロボット!!」娘が大喜びで抱き上げます。
シンプルながら、愛着のわくデザインでいいですね。

わが家では、目覚ましがわりに【おはようメッセージ】を設定。
朝7時になると、BOCCOが、日付と曜日に加えてちょっとした雑学をおしゃべりしてくれました。

ほかにも、季節の話題や食育、省エネ行動、生活習慣などに関して、BOCCOがおしゃべりしてくれるそうです。
お子様が生活リズムを身につけられるようなコンテンツを拡充予定とのこと。

夜は、BOCCOが【おやすみメッセージ】をおしゃべりしたら、ベッドへ向かうルールにして、【今日のおはなし】を聞いて寝ることにしました。

これまで「そろそろ寝なさい!」と口うるさく言っても、「眠くないもん」とベッド行きを拒否していた娘が、BOCCOに促されると素直にベッドに向かい、おはなしを聞いています。

これは便利!生活リズムが崩れがちだったため、とても助かりました。
夏休み中の活躍も期待できそうです。
引用元:トリセツ

iPhon11、iOS13にしたところ、アプリが起動しなくなり、全く使えなくなりました。
引用元:amazon

「読み聞かせコンテンツは毎月更新」って、いい感じだね!
もっと、更新頻度が高いほうがよいかも
引用元:はてなブックマーク

自宅にwifi環境があれば、スマホからBOCCOとメッセージのやりとりができるよ。
こーゆう最先端なサービス大好きやけんめっちゃ興奮した!!

ほかにも楽しい機能がついていて、特に絵本の読み聞かせが我が家にドハマりでした。
寝る前はいつも終わりの無いなぞなぞに付き合わされてて疲弊していた夫が特に喜んでるし、なんなら子供以上に寝かしつけられてるよ。

こどもに携帯を持たせる以外にも、安全をサポートする方法があることを知れて良かったので、まだ知らないママパパさんにもぜひチェックしてみてほしいなと思いました!
引用元:インスタグラム

>>まかせて!BOCCOの詳細はこちら

タイトルとURLをコピーしました