太陽光発電のナコウド「卒FITの相談窓口」で最適な選択ができる?

太陽光発電 ナコウド 卒FITの相談窓口

太陽光発電の固定買取価格制度(FIT制度)は、契約10年で期間終了となり、それ以降はFITの売電制度を利用できなくなります。(いわゆる「卒FIT」

この卒FITの後、引き続き10円以下と大幅に売却価格が下がっても売電を続けるのか、それとも、蓄電池を導入して自家消費を優先するか、そのまま放置するかを選ぶ必要があります。

どれが良いかはケースバイケースであり、あなたのケースに合わせたシミュレーションが欠かせません。

太陽光発電のナコウド「卒FITの相談窓口」は、専門アドバイザーが、あなたの現在の状況に合わせて最適な選択肢を提案してくれます。
「卒FITの相談窓口」は2019年5月にスタートしたサービスであるのにも関わらず、わずか3ヶ月で利用者が10万名を突破するなど、豊富な実績を持つサービスです。

2019年11月時点で「卒FITの相談窓口」の利用者数は22万人を突破しました。



卒FITの最適な選択肢を見つけるのは難しい

卒FIT 選択肢

卒FITの選択肢は、大きくわけると、電気を「売るか・使うか」にわかれます。

現状維持のままで何もせずに放置すると、自動的に契約が切れ、以前まで得ていた収入がなくなるケースもあります。

余剰電力を売るにしても、売電先の選択肢は増えていく一方です。
さらには、さまざまな条件によって価格が変わるために比較するのが大変です。

また、蓄電池を設置して自己消費を増やすにしても、どのメーカーのものを設置するのが最適なのか、太陽光発電の発電状況などによって異なります。

大容量で高額な蓄電池でも、災害時に停電になった際には、貴重な電力供給源として役立つなどのメリットも有るため、費用対効果だけで決められないという点も悩みどころです。

あなた自身で情報収集・比較検討するのは、なんとも難しいと感じるのではないでしょうか?
業者の言われるがままに選んでしまう場合も珍しくありません。

「卒FITの相談窓口」なら豊富な選択肢からアドバイスが貰える

卒FITの相談窓口では、各地域における電力会社の買取価格の推移や新規事業者の参入など、常に最新の情報を収集しています。

また、卒FITの相談窓口の経験豊富なアドバイザーが、多くの依頼に答えるかたちで、さまざまな角度から比較検討しています。

このため、あなたの住んでいる地域はもちろんのこと、電気の使用タイミングや、給湯器、電気自動車の走行距離など、さまざまなファクターを踏まえて、「卒FITの相談窓口」の担当者は、あなたのケースにおける最適な選択肢を提案できるわけです。

もちろん、卒FITの相談窓口では、全国の売電業者や蓄電池設置業者の紹介もしてくれるので、手間がかかりません。

卒FITの相談窓口の利用料は全て無料です。
なお、蓄電池の購入などは業者との取引となるため、別料金が必要になります。



太陽光発電のナコウド「卒FITの相談窓口」の口コミや評判は?

次に、「卒FITの相談窓口」を利用した人たちの口コミや評判などをまとめました。

「卒FITの相談窓口」では卒FITの方向けの無料相談窓口を、期間限定で特別設置しているそうです。
自家消費するにしても売電契約するにしても、誰に、何を相談したらいいか分からないものですよね。
引用元:楽楽プラザ+

あなたの状況に合わせてプロからどういった観点で選べばいいのか教えてくれるそうです。

既に多くの人が利用しており満足度も高いみたいです。

今なら無料でしかも中立な立場からアドバイスをもらえるので相談してみてはどうでしょうか?
口コミ・評判上々です。
引用元:お買いもの.トーキョー

太陽光発電のナコウド「卒FITの相談窓口」はオンラインチャット形式で進めていくので手間がかからない

太陽光発電のナコウド 卒FITの相談窓口 オンラインチャット

「卒FITの相談窓口」では、必要事項を入力していくにあたって、専用のフォームに全て入力するのではなく、LINEなどのように一問一答のライブチャット形式で進めていきます。

具体的なヒヤリングはアドバイザーが電話で行いますが、さまざまなケースに対応した提案が受けられます。

もちろん、特定の業者に契約するように強要することもありませんし、「卒FITの相談窓口」に相談するのは無料です。

>>太陽光発電のナコウド「卒FITの相談窓口」の詳細はこちら

タイトルとURLをコピーしました