ミタス(Mi+)の離乳食はリニューアルでどうなった?口コミは?

ミタス Mi+ 離乳食

ミタス(Mi+)の離乳食は2019年11月にリニューアルしました。

離乳食という味覚を形成する時期に正しい味わいを身につけられるように、ミタスで「食育」のスタートを切るというコンセプトは変わりません。

リニューアル前のミタスは、毎月、冷凍でピューレが送られていましたが、今回のリニューアルにより、キャップ付きパウチに格納されたことで常温保存が可能になりました。

さらに、月齢にともなって、ミタスの食材の硬さが少しずつ変わっていくことにより、スムーズに離乳食を作れるようになります。

もちろん、ミタスは調理料や保存料などは一切使わず、食品中の放射性物質の基準値が一般よりも低く定められた乳児用規格適用食品のため、安心して与えられます。

Mi+

ミタス(Mi+)の離乳食は管理栄養士・小児科医が監修

ミタス Mi+ 離乳食 管理栄養士 小児科医 監修

ミタス(Mi+)の離乳食は管理栄養士・小児科医が監修しており、離乳食を食べる生後5ヶ月から12ヶ月の間に必要な栄養素をしっかりとカバーできます。

特に、一般的な離乳食ではカバーするのが難しい、鉄分や亜鉛、ビタミンDな、赤ちゃんの生育に欠かせない9種類の栄養素をしっかりと摂取できます。

フレンチシェフが味を監修

正しい食育をするためには、素材の味を生かした味わいが欠かせません。

ミタス(Mi+)の離乳食では、「倭 西麻布」店長でフレンチシェフの若松慎一郎さんが味付けを担当しています。

食材の旨味を最大限に引き出したヴィーガン創作自然和食で心と身体が満たされる。倭 西麻布(わ にしあざぶ) :ヴィーガンレシピやプラントベースの商品情報をお届け:Vegewel Style
世界のVIPの美と健康を守り続けてきたシェフが生み出す、野菜だけのフルコースが味わえるお店、倭 西麻布。有機食材を使用し、調味料・添加物を極力使わない引き算の料理は、食材本来の味を最大限に引き出した驚きの美味しさです。完全予約制で、ヴィーガン・ハラル・グルテンフリーにも対応。コースで食べても400~450キロカロリーと...

離乳食として「赤ちゃんが食べやすい味わい」を追求しています。

ミタス(Mi+)の離乳食はキャップ付きパウチで常温保管が可能

ミタス Mi+ 離乳食 キャップ付きパウチ

ミタスは、以前は冷凍状態で送られてきたため、1回で1袋を使いきらなければいけなかったのと、調理が必要な点が難点でした。
離乳食をゼロから作るのと比べると、楽になることは言うまでもありませんが、それでも調理の手間というのは馬鹿になりません。

そこで、今回のリニューアルにより、ミタスは冷凍ではなく常温保管可能なキャップ付きパウチに変更しました。
持ち運びもできるようになりました。

1回ですべてを使い切る必要はなく、必要な分量だけ取り出して、お子さんに食べさせる事が可能です。

年齢に応じて硬さが変わる

ミタス Mi+ 離乳食 硬さ

ミタスは、生後5ヶ月から18ヶ月の赤ちゃんに与えることを想定していますが、成長度合いに伴って食材の硬さや中身を変えています。

離乳食を与えはじめる生後半年前後は、なめらかにすりつぶした状態でパウチに入っています。
数ヶ月単位で徐々に硬さが増していき、生後1年後程度になると、歯で噛み砕いて食べる程度の硬さになります。

ミタス(Mi+)の離乳食は安全性を極めて重視

ミタス Mi+ 離乳食 安全性

赤ちゃんは抵抗力などが十分に備わっていないため、食の安全性を重視する必要があることは言うまでもありません。

ミタスでは、製造過程で衛生面・安全性を重視するのはもちろんのこと、食材や完成品に関しても非常に重視しています。
細菌検査、衛生検査はもちろんのこと、放射性物質検査では乳児用に定められた特に低い基準をクリアした「乳児用規格適用食品」です。

無添加

ミタスは以下の成分を使用していません。

  • 香料
  • 着色料
  • 保存料
  • 苦味剤
  • 発色剤
  • 漂白剤
  • 防カビ剤
  • 膨張剤

ミタス(Mi+)の離乳食の口コミや評判は?

次に、ミタス(Mi+)の離乳食を利用した人たちの口コミや評判などをまとめました。

なお、2019年11月時点ではモニターなど、極めて限られた人しかリニューアル後のミタスを食べていないため、リニューアル前の口コミも含まれます。

厳選した契約農家が生産した安心安全な旬の野菜を使用し、香料や保存料をはじめとする不要な添加物を一切使っていないのが特徴。
ピューレ状なのでそのまま食べられるほか、少し手を加えて調理するといった使い方もでき、考える・調べる手間を省きつつも、バランスのとれた栄養素をしっかり摂ることができる。
引用元:CNET Japan

私が知る限り、有機野菜が使われているうらごし野菜を宅配しているのはMi+(ミタス)だけ。
価格以上に安全性を何より重視したい!そんなママさんに特におすすめです。
引用元:野菜宅配まとめ

幼いころに親しんだ味で未来の食習慣のベースが決まっていきます。
ミタスはそんな味覚形成のゴールデンエイジと呼ばれる時期に味覚の発達を願って開発したベビーフードなのです。

厳選した一流農家からオーガニック野菜のみを仕入れ、一流シェフが赤ちゃんが食べやすいように調理方法にこだわって作られているそうです。
野菜嫌いの赤ちゃんでもよく食べると評判です。
引用元:暮らしに役立つ情報館

ミタス(Mi+)の離乳食は定期購入のみ

ミタス Mi+ 離乳食 定期購入

ミタスの離乳食は定期購入でしか入手できません。

リニューアル前は月1回の配送、1食あたり600円、20食で月12,000円と割高感があったために、不満の声も少なくありませんでした。
そこで、今回のリニューアルに伴い、配送間隔を1ヶ月毎から2週間毎に変更し、価格も値下げしました。

初回はお試し版として3種類のパウチと離乳食ガイドブックがついて980円(税別、送料込)、2回目以降は5種類のパウチが2個ずつ、合計10個で5,980円(税別、送料別)です。

赤ちゃんの年齢に合わせて、自動的に離乳食の硬さは変わっていきますが、個人差もあるため、事前に連絡することで、ミタスの硬さを変える/そのまま維持することができます。

配送間隔は初回は最短、2回目以降は14日毎となり、解約するまで継続して送られてきます。

なお、ミタスの定期購入には最低購入回数のシバリはありません。
初回受け取り後、いつでも自由に定期購入を解約できます。

>>ミタス(Mi+)離乳食の詳細/お試しはこちら

タイトルとURLをコピーしました