atGPジョブトレIT・Webの就労移行支援の評判は?Webデザイナーになれる?

atGPジョブトレIT・Web

atGPジョブトレIT・Web」は、デジタルハリウッドとゼネラルパートナーズがコラボした障害者向けの就労移行支援サービスです。

atGPジョブトレIT・Webは2019年2月にスタートしたサービスであり、2019年10月時点では渋谷のみとなっていますが、秋葉原にも拠点を設ける予定です。

Webデザイナーは、事務職などと比べても時間や勤務場所などの融通がつけやすく、在宅ワークや報酬の良さなどから狙い目の職業の一つです。
atGPジョブトレIT・WebでWebスキルを身につけた上で、安心して長く働いていくために必要な症状への対処法をマスターすることで、あなたにあったスタイルで働けるチャンスが広がります。

atGPジョブトレIT・Webであれば、通常30万円以上必要なデジタルハリウッドのWebデザイナー講座が無料(自治体や収入状況などによっては自己負担が発生する場合あり)になるだけでなく、就業支援サービスも受けられます。



atGPジョブトレIT・WebはデジタルハリウッドのWebデザイナー講座を無料(一部除く)で受講できる

atGPジョブトレIT・Web デジタルハリウッド Webデザイナー講座

atGPジョブトレIT・Webでは、デジタルハリウッドで行っている「Webデザイナー講座 就転職プラン」と同等レベルの講座を受講できます。

Webデザイナー講座 就転職プラン | Web、CG、映像、プログラミングの通信講座「デジハリ・オンラインスクール」
フリーランスのWebデザイナーとして活躍することを目指す方へ。基本ソフトの使い方から、プロには欠かせない応用スキルまでを通信講座で学べます。デジハリ・オンラインスクールの通信講座は自宅や会社で好きな時間にWebデザイン・グラフィック・プログラミング・アプリ制作が学べます。

現役プロクリエイター講師による丁寧でわかりやすい授業(動画の閲覧)と、教室内の専門スタッフによるサポートを受けながら授業を進めていきます。

このWebデザイナー講座を受講することで、Webサイトの企画から、設計、デザイン、コーディング、公開まで、すべて一人でできるようになります。

習得したスキルや勤怠状況などから、実際のWebプロジェクトに参加し、身につけたWebスキルを使ってWeb制作を行う実習のチャンスがあります。

収入状況などによっては受講料が必要になる場合もありますが、atGPジョブトレIT・Webでは受講生の9割が受講料無料となっています。

就労移行支援事業所を兼ねているため、施設に通って受講するスタイルになります。
決まった時間に通所することで生活リズムを整えるという目的もあるため、オンラインでの学習はできません。

職業準備性カリキュラムも同時に実践

atGPジョブトレIT・Webでは、Webデザイナーに必要なスキルの習得だけでなく、障害者が働く上で必要な能力を身につけるプログラムも受講します。

  • 生活リズムの安定(週4回以上、10時~16時に通所が基本)
  • 自己理解系カリキュラム
  • ビジネススキルトレーニング

atGP転職による就職/転職サポートが受けられる

atGP転職 就職 転職 サポート

atGP転職は15年以上にわたるサポート実績と、2,500社にも及ぶ業界トップクラスの求人企業ネットワークがあるため、さまざまな求人を用意しています。

atGPジョブトレIT・Webで学んだスキルを活かせる求人はもちろんのこと、面接や書類作成のサポートから、入社後も自分らしく安心して働き続けていただくためのサポートなどの就業支援サービスが受けられます。



atGPジョブトレIT・Webの口コミや評判は?

次に、atGPジョブトレIT・Webを利用した人たちの口コミや評判などをまとめました。

スタッフの皆様は、障害特性を理解しベーススキルの向上のための支援に長けたスタッフと、Web・ITの実務経験が豊富なWebデザイナーの講師スタッフがいらっしゃいます。
施設長の小牧(こまき)さんは、発達障害専門の支援事業所『リンクビー』での施設運営経験があり、障害特性に応じた支援のプロフェッショナルです。

また、実務経験が豊富なプロのWebデザイナーがスタッフとして複数名在籍しており、Web・IT領域の企業の現場視点でのアドバイスを行うことができ、実践的なトレーニングを行うことができる根拠となっています。
引用元:salad

口コミの数は少ないですが、満足している人が多い印象です。

atGPジョブトレIT・Webの利用の流れ

atGPジョブトレIT・Web 利用の流れ

atGPジョブトレIT・Webを利用できる人には条件があります。

  • 身体・精神・発達障害などがあるものの、働く意欲がある方
  • 18歳から65歳までの方
  • 離職中/無職の方

atGPジョブトレIT・Webを利用するためには、説明会への参加が必要になります。

2019年10月時点では、京王井の頭線「神泉駅」近くにある渋谷事業所にて説明会や通所を行っています。
このため、渋谷事業所に継続して通えることが前提となります。

渋谷事業所はバリアフリー化が不十分なため、車椅子が欠かせない人の場合には受講が難しいおそれがあります。
また、デジタルハリウッドのWebデザイナー講座は動画講義で学ぶため、聴覚障害者・視覚障害者も受講が難しいです。

いずれも説明会の際に実体験して判断するといいでしょう。

その他、以下の項目に当てはまる人々は、atGPジョブトレIT・Webを利用できない場合があります。

  • 今までに他事業所にて同様のサービスを2年間利用後、半年以上の就業をしたことがない方(※)
  • 必要な定期通院をしていない方
  • 退院後、間もない方

など

(※)半年以上就業しても、再利用ができない自治体もあります

atGPジョブトレIT・Webの就労移行支援サービスが受けられるかどうか、自分では判断がつかない場合は、まずは問い合わせるといいでしょう。

>>atGPジョブトレIT・Webの詳細/問い合わせ・説明会申込はこちら

タイトルとURLをコピーしました