SPACE Wi-Fiは速度が遅い?デメリットだらけで解約増加?口コミや評判は?

SPACE Wi-Fi

SPACE Wi-Fi」は、Wimax2+・ソフトバンクの通信回線に対応したモバイルWi-Fiです。
どちらかを使ってインターネット接続が行えます。

「SPACE Wi-Fi」は、手数料の支払いは不要、新規加入時にオプション契約を強要される心配はありません。
さらには、最低契約期間のないモバイルWi-Fiというだけでなく、最安値保証まで行っています。

しかし、「SPACE Wi-Fi」の月額費用は3,680円(税別)である一方、例えば、縛りなしWiFiには月2,800円というプランもあるため、どこが最安値なのかと首を傾げたくなります。

口コミを見ていると「SPACE Wi-Fi」は速度が遅いとか、解約が増えているなど、デメリットや悪い評判なども見かけます。

果たして、「SPACE Wi-Fi」を契約するメリットは有るのでしょうか?



「SPACE Wi-Fi」は定額最安値というのは嘘?

「SPACE Wi-Fi」では、自社こそが最安値という根拠を出しています。

SPACE Wi-Fi 最安値

1年後に解約した場合、月額費用はもちろんのこと、他社は違約金などが取られる分だけ高くなる一方、「SPACE Wi-Fi」は初期費用や解約手数料が無料なので、総額で最安値になるという話のようです。

また、「SPACE Wi-Fi」は同じような条件の「縛りなしWiFi」よりも値段が高いですが、「縛りなしWiFi」は2019年2月1日時点でGoogle・Yahooで「民泊 wifi」と検索した際の検索結果上位10件に入っていなかったために、「SPACE Wi-Fi」の比較対象ではありませんでした。

嘘ではありませんが、「言ったもの勝ち」のような世界ですね。

「SPACE Wi-Fi」は口座振替が可能

SPACE Wi-Fi 口座振替

毎月の料金の支払い方法はクレジットカードのみという通信業者が多い中、「SPACE Wi-Fi」はクレジットカードだけでなく口座振替が利用可能です。

クレジットカードを持っていない人や、デビットカードやプリペイドカードだと支払いができないので困っているという人に「SPACE Wi-Fi」は人気です。

Wimax2+/ソフトバンク回線のどちらかを利用

SPACE Wi-Fi Wimax2+ ソフトバンク

「SPACE Wi-Fi」では、Wimax2+/ソフトバンク回線を使ってインターネット接続を行います。

基本的には、通信回線や端末を利用者側で選ぶことは出来ません。
一方的に通信回線を指定されて、その通信回線に対応したモバイルWi-Fi端末が送られます。

Wimax2+/ソフトバンクのどちらかを選びたい場合、契約直後にサポートセンターに連絡することで可能な場合があります。
端末の準備状況や通信エリアなどによっては、希望が通らないケースもあります。

モバイルWi-Fi端末として、旧機種(NEXT W04、801ZTなど)が送られてきます。
最新機種と比べるとスペック的には見劣りしますが、実際の通信速度で端末による差を体感することは少ないでしょう。

Wimax2+/ソフトバンクのどちらの通信回線でも、キャリアと同じ速度でインターネット通信が行えます。
MVNOで見られるような速度低下は一切ありません。

月単位の速度規制はなし/一時的な速度規制はあり

「SPACE Wi-Fi」では、毎月7GBなどといった、月ごとの通信量に関する速度規制はありません。

一方、WiMAX2+のギガ放題でおなじみの、3日間で10GB以上を使用した場合に課せられる18時~午前2時の1Mbps速度規制は「SPACE Wi-Fi」のWiMAX2+回線でも行われます。
ソフトバンク回線でも同様の速度規制が設けられており、1日3GB以上を使用すると、その日は128kbps以下に通信速度が落とされます。

高解像度での動画鑑賞やOSプログラム更新など、短時間で大量の通信を行う場合は、Wimax2+/ソフトバンクの速度規制の影響を受ける可能性が高くなります。



「SPACE Wi-Fi」の口コミや評判は?

次に、「SPACE Wi-Fi」を利用した人たちの口コミや評判などをまとめました。

私は「SPACE Wi-Fi」を利用しているのですが、結論、個人利用で大幅に固定費の削減に成功しております。
民泊用wifiでは最安値の価格になっていますし、サポート体制も万全です。

実際に使ってみても、民泊レンタル用ではないWiMAXと変わらず、速度は基本的なPC作業には全く問題ありませんでした。
また電池の持ちも8時間近くは問題なく使用できました。
引用元:しばろぐ

結論から申し上げると「SPACE Wi-Fi」は個人利用ではおすすめできません。

民泊のサービスの一環としてお客様用にSPACE WiFiを貸し出すのであれば問題ありません。
ココで指摘しているのは個人で使う場合はSPACE WiFiからのレンタルはもったいないということです。

SPACE WiFiが安いと思って検討している人多いと思いますが、縛りなしWiFiの方が月額料金も安く今一番人気のレンタルWiFiとなっております。
引用元:ポケットwifi比較

SPACE WiFiの速度を実際に計測してみました。
自宅にあるSAKURAWiFiとBroadWiMAXの端末と同時刻に速度を測定した結果を比較しています。

SPACE WiFiは下り14.86Mbpsの速度がでました。
同じSoftBankの回線を使っているSAKURAWiFiの6.95Mbpsと比較してとても速いですね!

WiMAXと比較するとさすがに速度の点で劣りますが、普段使いに必要十分な速度が出ていると感じています。

SoftBankのLTE回線を利用しているため、室内でも速度の低下が無いのが嬉しいですね。
速度についても下りで10Mbps以上は常に出ているので、ウェブの閲覧はもちろんのこと動画の視聴もストレス無くこなせます!
引用元:なるほどwifi

4G/LTE回線(ソフトバンク)については、同じくレンタルwifiで人気の「縛りなしWiFi」の2GBよりも1.5倍も容量が多くなっています。

もし制限に引っかかっても、まったく使えなくなるということではありません。
普通に「ネット検索」や「ユーチューブ(標準画質レベル)の視聴」が可能な程度の制限なので、ぜんぜん心配しなくてイイですよ。
月間で100GB以上だって使えます。

毎日ブロガー・ライターとして記事を書いたり、スカイプでオンライン英会話をしている僕でも大丈夫です。
ネット接続がよく切れる・つながらないなんてこともないし、速度もぜんぜん遅いとは感じませんよ。
引用元:毎日が生まれたて

>>「SPACE Wi-Fi」の詳細はこちら

タイトルとURLをコピーしました